さよなら

 

 

 

 

 

 

 

 

人の生という いとなみの中で、

 

 

 

おそらく大切な人との別離ほど、切なく苦しいものはないだろう。

 

 

 

 

 

さよならは、

 

 

言葉ではたとえようのない心の動揺をともなう。

 

 

 

 

その動揺はやがて、

 

 

 

なぜ自分だけがこんな目に遭うんだ?私はなんて不幸な人間なんだ?という感情になる。

 

 

 

 

一生懸命、生きることに抗(あらが)い、

 

 

 

自分へ叱咤(しった)し続けるものの、

 

 

 

暮らしは荒(すさ)んでいくばかり。

 

 

 

 

 

ときには周囲の、あがりたいはずの慰めの言葉さえ腹立たしくなる。

 

 

 

 

おまえに、私の哀しみの、なにがわかるんだ。

 

 

という具合に。

 

 

 

悩んでいる人にとって、正論は毒でしかないから。

 

 

 

 

 

 

 

人によっては、哀しみの淵からいつまで経っても抜け出せない人もいるだろう。

 

 

 

 

 

 

別離からある程度の時間が経ち、

 

 

 

ようやく忘れられたのかも、

 

 

 

もうさほどそのことで心を揺さぶられることは少なくなったと思っていた人でも、

 

 

 

些細なことがきっかけで一気に哀しみの淵に人を引き戻す。

 

 

 

 

 

 

街で漂ったフレグランスの香り、

 

 

 

あの人がこしらえてくれた手料理に似た味、

 

 

 

ラジオでたまたま流れた音楽ひとつでさえ、

 

 

昔よくあの人と一緒に聴いていたナと、

 

 

 

奥底に仕舞っておいたものが、ふと顔を出す。

 

 

 

 

 

私たちの記憶は、時に残酷だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別離は哀しい出来事である。

 

 

 

 

さよならという言葉さえ耳に残らない。

 

 

 

 

 

 

だが、ひとつ言えることがある。

 

 

 

 

 

 

 

哀切、苦悩は、一見 不幸せに映るが

 

 

 

実はそうではないのだ。

 

 

 

 

 

 

別離は、

 

 

別離を経験した人にしか手にすることのできない

 

 

何かを与えてくれる。

 

 

 

 

 

その何か、とはハッキリと言葉にできないが、

 

 

 

誰かに手を差し伸べられる感情だったり、

 

 

 

見返りのない愛情だったりである。

 

 

 

 

涙で目を洗えるほど泣いた人は、

 

 

 

間違いなく視野が広くなっているから

 

 

 

他人の哀しみに気づく力も、寄り添ってあげる思いやりも、身についている。

 

 

 

 

生きていることがどんなに素晴らしいことかも、

 

 

さよならが教えてくれる。

 

 

 

 

 

 

たしかに別離は辛く苦しいが、

 

 

 

別離した人々が、

 

 

いつまでも身体の中に生きていて、

 

 

今日も、その人の生の力になっているんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

哀しみがすべてじゃないことを信じて、

 

 

 

 

 

 

私はじっと耐えることにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さよなら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す