つるまない

 

 

 

 

 

 

 

人というものは、何かにつけ、よくつるむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

暇さえあればスマホを取り出していじる。

 

 

 

長蛇の列に並ぶ。

 

 

 

 

テレビや新聞のいうことを丸呑みにする。

 

 

 

 

いつも誰かと集まって、騒ごうとする。

 

 

 

 

 

 

 

私に言わせれば、どれも同じように、つるむことでしかない。

 

 

 

 

 

つるむというのは、

 

 

 

要するに弧を知ることを恐れ、

 

 

 

自分の頭で考えようとしないことである。

 

 

 

 

 

 

 

人は安堵、安心を好むから

 

 

 

 

他人とは違う考え、行動をとるよりも、

 

 

 

 

周りに流されやすい一面を持っていて、

 

 

 

 

周囲と同じ物事のおさめ方をする。

 

 

 

 

 

 

 

しかし皆が賛成したり、

 

 

 

 

ひとつのものに集中する拠には、必ず落とし穴と誤ちがある、

 

 

 

というのが私の考えだ。

 

 

 

 

 

 

 

流行り、人気、美味しい、インスタ映え(?)

 

 

とメディアが取り上げた店は

 

 

 

あっという間に長蛇の列ができる。

 

 

 

 

 

しかし、イイ店だったとか

 

 

 

美味しいとかっていうのは自分で決めることであろう。

 

 

 

 

 

 

 

テレビも新聞も、むかしから嘘ばかりだし、

 

 

 

 

とにかくスマホ、ネットには、ひとつも答えがない。

 

 

 

 

あの中には気配がないし、

 

 

風が吹いていないし、匂いもしない。

 

 

 

 

あるのは「らしいよ」という話だけで、

 

 

 

 

 

もしそれを正解だと考えるようだったら、人間として少しあぶないんじゃないかナ。

 

 

 

 

 

 

 

大勢がやることといえば、

 

 

 

就職活動もそのひとつ。

 

 

 

 

 

あんなもの、一、二社回ればだいたい仕組みがわかる。

 

 

 

 

手当たり次第に何十社、何百社も受けるのは、違うような、

 

 

膨大な何かに踊らされているような気さえする。

 

 

 

 

 

そもそも人事部の人間に、気に入られようとか

 

 

 

印象の良いように演じようという行動が卑しく思えて私にはできなかった。

 

 

 

 

 

成績や平均点、

 

 

 

短時間の受け答えの印象、

 

 

 

 

そういう評価だけではその人を知ることはできるのか。

 

 

 

 

 

 

ハローワークかなんかも同じように

 

 

 

ああいうところに職を探しにいっても、自分の生涯の仕事を見つけられる人は、

 

 

 

千人に一人だと思う。

 

 

 

 

 

 

人によっては自分の仕事を見つけるのに、

 

 

 

人生の半分の時間を費やすこともあるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

話が逸れてしまったが、

 

 

 

日本人はとにかく、外圧に弱く、大勢に流されやすい。

 

 

 

 

 

 

無頼派ではないが、

 

 

 

つるまない、頼るものなし、と覚悟を決めてこそ、

 

 

 

本当の個としての判断力が身についてくるし、

 

 

 

 

人間にとっていちばん大事な品性とか人格につながっていくと思う。

 

 

 

 

 

 

それにつるまないことで、

 

 

 

なにか急な厄介事が起きても、いちいちジタバタしなくて済む。

 

 

 

 

 

もともと何者にも頼ってないなら、

 

 

 

いちいち誰かに伺いを立てたり、策を弄したりしなくても、

 

 

 

 

 

後のことはなるようになると落ち着いていられる。

 

 

 

 

 

 

 

私が出会ってきたイイ男振り、女振りの人たちは

 

 

 

自分の目で見たものを善しにつけ、悪しにつけ第一義とする強さを持っていた。

 

 

 

 

 

 

強さとは、知恵に流されないこと。

 

 

 

 

分別に溺れないことである。

 

 

 

 

 

 

そういう人たちは、連るむということに安堵感を求めない。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん友達は大切だが、それは別。

 

 

 

生涯孤独でいろ、とも言っているわけではない。

 

 

 

 

 

つるむのもたまにならいいと思うが、

 

 

 

やはりいつも何かに寄りかかって生きようとする人には、

 

 

 

 

 

狭量さと不自由さがついて回る。

 

 

 

 

 

あっちはどうか、

 

 

 

こっちはどうか、

 

 

 

自分は安全か、

 

 

 

他人はどうするかと考えるばかりでは視点が定まらない。

 

 

 

 

 

 

このままいくと危険はあるけれど、

 

 

 

 

避けてばかりいてもおそらく別の危険がある。

 

 

 

 

 

だったら、つるまずに独りで歩みだしてみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう考えがあっていいのではないかナ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す