男の嫉妬と女心

 

 

 

 

 

 

恋愛をすると好きな人を独り占めしたくなる。

 

 

 

いわゆる独占欲だ。

 

 

 

独占欲はあって然るべきで、別に変なことではない。

 

 

 

好きな恋人を独占したいというのは、人間としての普通の心理である。

 

 

 

 

 

同じことが嫉妬にも言える。

 

 

 

 

 

 

別に嫉妬をすること自体は悪いことではないが、

 

 

嫉妬に狂ってしまうと、

 

 

当人が持ち合わせているイイ部分も失ってしまうから気をつけたい。

 

 

 

 

一度、冷静になって

 

 

「ああ、嫉妬してるな」と感じれば大丈夫だ。

 

 

 

 

 

 

 

あたしのカレは嫉妬しないって?

 

 

 

それは愛されていないか、

 

 

なるべく表に出さないようにしているか、

 

 

彼がとても大らかな性格か、

 

 

よっぽどの自信家なだけであろう。

 

 

 

 

ここでの自信とは、こいつにとって俺よりイイ男は他にはいないだろう、という

 

 

愛されている自信だが、

 

 

これはとても厄介。きちんと話をすべきだ。

 

 

 

まあ、愛する者はいつも寛大で、

 

 

愛される者は残酷な末路になると相場が決まっている。

 

 

 

 

 

 

嫉妬を表に出さないようにしているなら、

 

 

構え方がとても男前だナと私はおもう。

 

 

きっと胸の内では嫉妬していても、

 

 

ここまでは言っていい、これから先は口にも態度にも出さないと

 

 

 

範疇を決めて自制しているのだろう。

 

 

 

 

ほんとうは恋人を独占してしまいたいし、こと細かな束縛だってしたい。

 

 

たまには拗ねるような態度もとりたい。

 

 

 

それでも一歩下がって、恋人を見ているんじゃないかナ。

 

 

恋愛を知っている男だとおもう。

 

 

 

 

 

 

いや、私はすこしくらい嫉妬してほしい、表に出してほしい、という女性が多いが

 

 

嫉妬や、それに伴う束縛が続けば、

 

 

厄介者だと思ってしまうでしょう。

 

 

 

 

 

言っておくが、女心というものは、生涯、男に理解できることはない。

 

 

大目に見てやってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛というものは裸になることだから、

 

 

まず素直になることは大切。

 

 

だが自分の都合だけではなかなかうまくいかなくなってくる。

 

 

 

過度な嫉妬や、相手を困らせるような束縛は、

 

 

すこし自分勝手すぎたかな、と冷静になることだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに恋愛のもどかしさがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんにせよ、恋愛には自分より「この人が幸せであればいいな」と願い、

 

 

相手を敬う気持ちが前提にないといけない。

 

 

 

 

 

 

苦言ばかりで申し訳ないが、

 

 

 

 

おおらかに恋せよ

 

 

 

 

 

という記事もいっしょに読んでいただければ、

 

 

 

わずかながら足懸かりになるとおもう。

 

 

 

 

 

コメントを残す