男の責任

 

 

 

 

 

女に、今までの生き方に

 

反するようなことをさせなければいけないとき、

 

 

男は相手に対して何をすべきか考えなければならない。

 

 

 

たとえば、恋愛の中のセックスで

 

 

相手が妊娠した場合、

 

 

(一応、断っておくが犯した場合は別の話)

 

 

産むにしろ、堕ろすにしろ、

 

 

女の方が辛い目に遭うという事実は歴然としてあるから

 

そこは男がちゃんと責任をとるべきだ。

 

 

 

 

最低限の女の衣食住は、男が用意する。

 

 

必要なら、恥をかいてでも金を工面して

 

女に全てやる。

 

 

 

産むと決めたなら、

 

 

働いて、母となる女と、その子どものために

 

 

日銭を持って帰ってあげなさい。

 

 

「私と仕事、どっちが大事なの?」

 

 

と訊くような、相手がバカな女だったら

 

 

「お前に決まってるだろう!」と言い、仕事に出かければいい。

 

 

 

女が男と一緒に暮らしたいから、

 

 

と言って実家を出る場合、

 

 

これも女に今までの生き方に反するようなことをさせるから、

 

 

責任を取らなければならない。

 

 

 

男が女を誘う場合、

 

 

これも女の生き方をこちらが変えてしまうから、

 

 

なるたけそれに見合うことをしてやるべきだ。

 

 

まず相手の親に

 

 

「私が面倒をみますから」と頭を下げる。

 

 

大半は、向こうの親とぶつかる。

 

 

「娘になんかあったら、承知せんけぇの」

 

 

「はい、お義父さんに納得していただけるように、しゃんとしますから」

 

 

 

…頑張りなさい。

 

 

 

 

 

 

大人の男というのは

 

 

あらゆることに責任を取れることが求められる。

 

 

自分のやったことに関して責任をもつ。

 

 

責任をとれた上で、

 

 

自分以外の誰かのために

 

 

何かできるということが大事になる。

 

 

 

 

え?

 

 

男ばかり可哀想?割りに合わないって?

 

 

いつだって男は可哀想な生きものなんだ。

 

 

 

何を今更。

 

 

 

 

コメントを残す